NPO法人 国際ふるさとの森づくり協会 ReNaFo 高尾小仏植樹祭2019

団体名

NPO法人 国際ふるさとの森づくり協会 ReNaFo

活動名

高尾小仏植樹祭2019

実施日

2019 年9 月23日(月・祝)

実施場所

東京都八王子市裏高尾町(東京都立高尾陣場自然公園内)

参加人数

247 人

植樹本数

3,500 本

実施内容

現場は高尾陣馬自然公園内にある中央自動車道建設時の工事残土の盛土場であり、50 年以上経過したが、今なおニセアカシヤやクズが茂る荒廃地である。 高尾山などへの登山道の脇にあり、地元からは負の遺産と呼ばれているこの地に、2017 年から潜在自然植生を用いた自然林を再生する事業を始めた。 今年で3 回目の植樹祭となった。

活動の狙いや工夫等

2017年の植栽地に隣接し、1:1.5~1:1.8 の急勾配地であった。 植栽地の両端と真ん中の3 カ所に幅1mの昇降階段を設置した。前夜からの雨で現場は滑りやすかったが、昇降階段にワラを敷き、滑り止めを行い、怪我人は無かった。

特記事項(参加者の声など)

  • あいにくの雨だったけど、楽しかった。
  • きつかったけど充実感があり、植えた後の美しさに感動した。
活動報告PDF

このブログの人気の投稿

宮脇昭 復活植樹祭 第2弾 お申し込み開始

トヨタ モーター マニュファクチュアリング カナダ (TMMC)

いのちの森づくり2020活動